• Makoto

子どもの噛み付き引っ掻き

Aさん:1才半の息子が保育園で他の子を噛んだり引っ掻いたりしているようで。


これくらいの年齢の子には少なくないことだと保育園の先生もおっしゃって下さるのですが、それが毎日のようにあって他の子たちと比べても程度や頻度が激しいようです。


私も夫も息子に優しく接していて暴力などはもちろん振るったことがありません。


上のお姉ちゃんもとてもいい子です。


どうして息子はこんなに気性が荒いのでしょうか?



Makoto:(息子さんの写メから透視)


息子さんはお母さんのことも引っ掻いたりしますか?



Aさん:はい。たまに。



Makoto:寝ているお母さんを引っ掻いて起こす、ぼーっとしているお母さんのを引っ掻いて自分に目を向けさせる、ということをしている様子が見えるのですが。



Aさん:はい。朝からそれで起こされたりします。



Makoto:息子さんは相手を傷つける目的ではなく、自分の要求を相手に分かってほしい時、「こっち向け!」「自分と遊べ!」という気持ちで引っ掻くところがあるようです。


一方で、引っ掻かれた方は痛いし、嫌な顔をしたり嫌な態度を示しますよね。


すると、「何で自分にそんな顔で接するんだ!」とイライラしてしまう。


それが噛みつきにつながっているように透視からは見受けられます。


息子さんからすると、お姉ちゃんは(いい子にしていて)みんなからニコニコして接してもらっているのに、どうしてみんな自分には嫌な態度で接してくるんだ、という怒りがあるようです。



Aさん:確かに、息子はやんちゃなので叱ることが多く、娘と同じようには接することができていなかったかもしれません。私が疲れている時は特に。


息子は動物が好きでとてもかわいいところもあるのですが...。



Makoto:息子さんは動物を見ている時、「癒される」と感じているようです。



Aさん:1才半で動物から癒やされるって感じるんですね。



Makoto:はい。仕事に疲れた大人が小動物に癒される、という感覚と同じです。



Aさん:それだけストレスがある、ということでしょうか?



Makoto:そうですね。


彼は彼なりに考えて行動しているところがあります。


引っ掻いたり噛み付いたりするのは、そうすることで「自分はここにいるぞ」「自分といて楽しいと思ってくれよ」というアピールになると考えて行動しています。


彼には、

自分が見えていないんじゃないか?

要求が通らないということはちゃんと見てもらえていないからじゃないか?


という思い、寂しさがあってそれがストレスになっているようです。

けれども、引っ掻いたり噛み付いたりしてアピールするのはするのは違うよ、と教えてあげる必要があります。


例え相手が親であっても、噛んだり、引っ掻いたりした時はきちんと目を見て叱って、それはしてはいけないことだと教えてあげて下さい。


それ以外の時はできるだけ息子さんにニコニコして接するようにしてあげて下さい。

分かりやすい愛情表現が効果的です。


叱るところは叱って愛情を伝えるところは伝える、というメリハリを意識してみられて下さい。

Aさん:分かりました。やってみます。





乳児期の噛み付きや引っ掻きは”よくあること”で、通常は一過性で程度も弱いものです。


ですが、ひどい場合はされた側の子に後々まで残る傷を負わせてしまうこともあります。


子どもさんの気になる言動について原因が知りたい、どうにかしてあげたいという場合は是非ご相談下さい。

子育て相談はスピリチュアルセッションにて

→『スピリチュアルセッション』


熊本での対面・全国からの遠隔受け付け中



Makoto&Kei instagram

キャサリンinstagram

© 2017 Makoto&Kei All Rights Reserved.

@熊本県菊池郡大津町