• Makoto

上の子から下の子へ負の連鎖



『子どもに大人の役割を期待する』というの記事の続きです。


今回も前記事と同じ例(2才と6才の姉妹の例)で説明させていただきたいと思います。


親が、姉に妹の面倒をみるよう厳しく言ったり、姉に対して「お姉ちゃんなんだから何でも自分でできるでしょ」と突き放したりすることは、お姉ちゃんである子どもにとって、とても大きな心の傷になる可能性が高いです。



その状態が何年も続くと、次のようなことが考えられます。


・上の子が下の子をいじめる

・下の子を急かして無理に急がせる

・下の子がやろうとしていることを取り上げて上の子がやってしまう

・下の子がやったことに対して「できていない」「間違っている」などとにかく文句をつける

・親に怒られないように下の子のことで嘘をつく

・下の子をだまして自分の得になるよう仕向ける


そして、上の子がそういうことをするようになると下の子もとても深い心の傷を負ってしまうことになります。

例えば、下の子がお手伝いをしようとしても、上の子がそれを奪ってやってしまったり、「できていない」と毎回指摘されることで下の子はやる気を失ってしまったり、自分がすることに自信が持てなくなりやすいです。


すると、下の子は不器用で引っ込み思案になりやすかったり、人から気が利かないと思われる子になってしまったり、これ以上指摘されるのが嫌だと感じて結果的に引きこもりになってしまうケースも少なくありません。



上の子は自分が親から負った緊張(プレッシャー)を無意識で下の子にも味わわせようとしてしまいます。


その結果、上の子から下の子へ深い心の傷、トラウマの連鎖が起ってしまうのです。




上の子が自分が親から怒られないように嘘をついたり、もっと頭が回る子だと故意に下の子に対する親の信頼を失わせるために嘘をつく、ということがあります。


例えば、妹が泣いていて、親に理由を尋ねられたときに姉がキッパリと嘘をつく。


妹は嘘をつかれていることにびっくりもするし、本当のことを上手く説明できない。


大体こういうケースでは姉がしゃきしゃきしていて賢いと親に思われていて、妹は内向的ではっきりしない(←姉の干渉で内向的になりやすい)と親に思われている場合が多いため、親はしっかり者の姉の言うことを信じてしまう(妹を信頼しない態度を示す)。


すると、妹は嘘をつく姉だけでなく、姉の嘘を信じる親に対して徐々に信頼を無くしたり、完全に失望してしまうことも少なくありません



実際にそういうことが大きなトラウマになっていたお客様もこれまでに数名いらっしゃいました

姉の方は大人になっても自分は下の子の面倒を見てやった(仲がいい)と思っているけれど、妹側だったお客様は「もう会いたくない」と言って縁を切っている、もしくは極力会わないようにしている、という”温度差”が大人になった姉妹の関係に特徴的に見受けられることが多いです。


そして、親への深い失望も伴っています。



なぜこのようにきょうだいの間で温度差があるかというと、上の子は上記にあげたような行為(下の子をいじめるなど)で憂さ晴らしをしています。


ある意味それで気持ちをすっきりさせているので、下の子に嫌なことをしていても、あまり記憶に残っていません。


けれど、下の子は嫌な思い出で埋め尽くされて、上の子との間にいい思い出もたくさんあったとしても、後々残るのは嫌な思い出だけになってしまいます。



上の子にとっても下の子にとっても、大人になってからも大きな影響を与えるような心の傷にならないよう、負の連鎖が起きないよう、この記事を読んで「上の子にプレッシャーをかけすぎていたかも」と思われた方は、今更な・・・と諦めずに、まずは「上の子にプレッシャーを与えるのをやめる」という選択をしていただければと思います。






私たちのセッションでは子どもさんたちのことを視させていただくだけでなく、親御さんご自身の「どうしたらいいか分からない」「分かってはいるけれどできない」というご相談も承っております。


自分1人では難しいと感じられたら、是非私たちにご相談下さい。

ビデオ通話を使用し、全国各地のお客様にご利用いただいております。



子育て相談・スピリチュアルセッション

→→詳細、お申し込みはこちら






#トラウマの連鎖 #子育て相談 #下の子をいじめる #子どもに避けられる #愛情を持って育てているのに #子どもの態度が悪い #スピリチュアル子育て #熊本 #東京 #大阪 #全国対応 #遠隔 #透視 #子どもの性格 #子どものトラウマになること #子どもとの相性 #不器用 #引っ込み思案 #指摘されたくない #子どもの相談ができる場所 #兄弟仲が悪い #姉妹の仲が悪い


Makoto&Kei instagram

キャサリンinstagram

© 2017 Makoto&Kei All Rights Reserved.

@熊本県菊池郡大津町